スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

う・・・うおぉ・・・

みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

過去の2015年くらいの日記をポツポツ読み返して気づいたこと〜!!

1. 文面がめっちゃ暗い@@;
2. 読みづらい@@;
3. 表現が悪くて読んでいる人が訳わかんなくなっちゃう@@;;

1. いやもう病んでるわ。特に仕事のことでいろいろ書いてる日記がめちゃ暗い気持ちがにじみ出ててですね・・・今もそんなに変わらんだろうか??しかもなんか型にハマりすぎて窮屈な感じもにじみ出てるというか!?とりあえずはまらなきゃいけないとか!?まだ自由にできなかったんだね。仕方ないね。
♪頑張る頑張るなんてやめちゃ〜え〜♪(by電気グルーヴの「カメライフ」)

2. 今もそうだけど文章の構成が下手くそすぎだな〜orz推敲もしないでパッパっと書いちゃったな(笑い)

3. 例えば、東海地方にしかないコンビニの名前だけを書いても他の地方の人にはわかんないんだよね〜@@;;今日の失敗は明日の成功だこのやろう!^^*

思わず「う・・・うおぉ・・・」と思ってしまった。読みづらかった方本当にすみませんでした。

これからは文章だけでなく絵や漫画も乗せて記事を書けていけたらいいなあって思います。っていうか書きたいこと全部漫画にすればいいジャーンっていうのが本音です!!!

それでは、またお会いしましょう。
スポンサーサイト

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

おどり納めと同時に何かも納まったかもしれない。

みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

9/2に「めっちゃ超爆発!!!」な出来事がありました。

同日、また郡上八幡へ行っておどり納めに行ってきました。
32夜続くおどりも、だいたいこの9月の初めで終わりを告げます。
おどりが終わると、提灯行列と言って提灯を持った参加者(提灯を持つのはお金が要ります@@;700円だそうです)がやぐらと一緒にまっすぐ旧庁舎記念館までゆっくり歩きます。

さて。

実はこの日、わたしは精神状態が良くありませんでした。
いつも夫がレンタカーで名古屋から郡上まで運転してくれるけど、到着した瞬間ちょっとしたことで夫に反発してしまったおかげで何度も叫んでパニックになってしまったんですよね@@;
・・・いやべつに夫がひどいこと言ったとかそういうことじゃないんですが。わたしにコミュニケーション力がないので本当にちょっとしたことで感情的に言い訳とかしちゃうのでこじれちゃうんですよね・・・。
ちなみにパニックになると夫はよしよししてくれます。

わたしのような人間は、ストレスをどうやって受け流したり解消したりしたら良いかとか、どうすれば感情のコントロールがうまくできるのかとか、そういうことがなかなか難しいです。だからパニックで叫ぶなどするしかないという。
普段は周りにいる人と何ら変りないのに、ストレスが過度にかかるともうダメですよ。他人に「この人急におかしくなった!!」と思われて驚かれます。
それでも最近は4年前よりもマシになりました。あの時はもっと酷かったですね。そりゃもう何時間もうなったり叫んだりジタバタ暴れたり・・・。それだけストレスや感情のコントロールが下手くそだったってことですね。

まだおどりまで時間があったのでフラフラ観光していましたが、そこからちょっとおかしくなって精神が悪い方に興奮し始めたんです(@@;)
「わたしは頭がおかしい」「こんな自分が大嫌いだ」とか「みんな馬鹿野郎だ」とか言ってたような気がします。
郡上に寄るとご飯を食べによく行く「おおのや」で食事した時に、お酒も飲んだのですがかなり酔ってしまい「眠そうやね?踊れるかい?」と店長のおじさんに言われたというね@@;

(というか、実は16日の徹夜おどりでも興奮して、あらかじめ飲んでおいた抗うつ薬が全然効かなくてしょっちゅうパニック起こしてましたが・・・。)

おどりの時もやっぱりそうで、いや・・・おどりの時の方が酷かったですね。おどり納めなのでかなり人が多くてあちこち手や足がぶつかるしぶつけられるし、いつも基本的に三重ぐらいの輪で踊るんだけどなぜか前列の中でわたしの前の人だけが後ろに出っ張ってて(つまりわたしにめっちゃ近い)踊りにくかったことこの上なしで・・・。
前回の徹夜おどりの日記でも書いたけど、ここに来てる人はそんなことはあまり気にしない。「まあべつに当たってもいいかな〜」程度だと思う。
けどわたしは大勢の人がいる場所はいろんな人が目について仕方ないし狭い場所はどうやって他人と距離とったらいいかもわからないし、そんな場所にいたら人に酔ってどっと疲れてしまう方なので、かなり興奮していたし・・・

他の人が気になって気になって、嫌で嫌で仕方がないので何度も夫の側でかなりデカイ声で叫んでしまいました。何人か振り返ってこっち見てた。

だが、この時わたしは心の隅っこでこんなことを思っていた。

「こっち見た!!よっしゃ!!!」

・・・と。

そうやって叫べば他の人がこっちを見てくれると。今まで注目されなかった分、「こっちチェックしてくれ!!!Hey!!!!!!」とアピールしたくなる。そういう自分がこの時いました。
良い年して甘えてる。かまってちゃん。確かにその通りです。それによって「こいつうざい」と思う人がいるのもその通りです。
もう我慢できませんでしたし、したくありませんでした。なぜなら、「心が叫びたがっていた」から。話題のアニメじゃないけど!・・・人の目なんか知ったこっちゃあるか!!ヤッチマエ!ヤッチマエ!そんなつまらねぇことを気にしていたら、もう
自分は一生ここ止まりだ
そう思っていました。

心が叫びたがってるんだ。
(ラップなんてよく知らないけど。)

子供の頃はなりふり構わずやりたいことやって騒いで、大人に怒られてもめげない。
・・・そんなことはできませんでした。いつもいつも大人を気にして、顔色伺って。怒られるとストレス抱えて萎縮して言いたいことも言えない。逆らえない。言うこと聞くしかない。だからまともな反抗期を過ごすことすらありませんでした。反旗を翻そうとしても激烈に威圧されて不発に終わる。大人の要求する「いい子」を演じていました。
もう 終わりにしたかったんです。そんなクソつまらねぇ人生を。

ガキの頃はしたくてもできなかったんだ!!!それも自分で自制してたんじゃない!!自制させられてたんだ!!!

自制させられてた
生まれてから37年間したくてもできなかったストレスは半端ではありませんでした。

何度も叫んだけど、おどりを止めたくありませんでした。やめて休憩なんかしたら、周りで休憩している人が迷惑して余計ややこしいことになりそうだったから。興奮してる時は体を動かす方がいいんです。じっとしてるとますますおかしくなるんです。うつだった時に、それやってたんで自分の体で立証済みです。

だけど、何曲かおどったらもう休みたくなっちゃって夫と休憩の場所で休んだんですが・・・そこでも抱っこされて何度も何度も盛大に叫びまくるというね@@;;

夫の抱っこ

何人か見てたみたいです。・・・実は小さい女子も・・・心配するように見てたそうです。
通常だったら「公衆の面前でそんなみっともないことやめなさい!!!」と言われるはずですが、夫は結婚してから4年間これまでわたしのカウンセリングと分析をしてくれてたので「大丈夫」と言って撫でてくれました。コントロールできない、しないんですよね・・・他の人にコントロールしてもらいたいと甘えているので。

恥をかなぐり捨ててヤり通しました。(ぉぉぉ)

深呼吸しながらやっと落ち着いてコロッケ買って食べてたらもう時間がおどり終了の30分前でした。

(ちなみに・・・おどりの時間帯は屋台がずっと出てますがおどり会場に面した飲食店も開いているところがあります。屋台のように出ているお店もあります。特に美味しいのが明宝フランクフルトと飛騨牛コロッケです。丸一という精肉店のがオススメ!!あとは他のお店だと鮎の塩焼きかな〜)

そのあとは興奮せず踊れましたね。後半だけでもまともに踊れて良かったな・・・(涙)

おどりというイベントだったからこそできた、
「叫んでアピールすることによる超爆発」というやりたいことをやれた、そんな感じがあります。

(ところですごい人がいるのを見ちゃったんだけどね。
人がいすぎてパニック起こしてた時にわたしの後ろの女性が、狭いにも関わらず自分しかそこにいないかのようにゆったりと踊りたいように踊ってる姿を見た。まるで自分を誇示せずかつ他人にもおもねらず仏のように踊ってた。しかもめっちゃ綺麗な踊りだった。あんなに狭かったら気を遣う人が多いのに!どうしたらあんな風に踊れるんだ?!?!驚いて何度もガン見してしまった。お姉さんジロジロ見てごめんね。)

駆け落ち同然で名古屋にやってきた時、
自分が言いたいこと、自分がやりたいこと、それらはすぐに問題なくまたためらいなくやれるものだと思ってました。
だけど振り返ってみれば、それらが出来るようになり始めたのはつい最近のことでした。
現実でも、このブログでも、どうしても言いたいこと、やりたいことが今まであったのに全然できてなかった。ずっと人の目を気にしていた。そんなことをしたら怖いことが起こる。ずっとそう思っていました。
37年間ずっと「お前はやりたいことも言いたいこともするな」と、家族にかけられて、また自分にかけた呪縛がこんなにひどいものだとは思いませんでした。ですがやっと打ち破れました。・・・きっと!!(ぉ)

ふぇにっくすやあー!!
絶望に打ちひしがれ瀕死に追い込まれても!!不死鳥のごとく蘇るまさにふぇにっくすやぁ〜〜〜〜〜!!!!!!

実は以前の日記で「自分が嫌でしょうがない」という内容を書いたのですがその「自分が嫌いや!!」と思っていたのも、そうやって自分を抑え込む自分自身の殻をブチ破りたかったからだと今は思えます。

それと。
9/9にも実は愛知県名古屋市にある円頓寺で郡上おどりが開催されました。その名も「えんじょい祭」です!もっちろん夫もわたしも参戦しました!!!
ここでなんとなんと、嬉しい出来事が。

最前列で踊っていたらカメラマンさんがわたしを撮ってくれたんです!!!

名古屋は郡上と違って夏は暑さに加えてジメジメ感があるので数曲踊るともうヘトヘトになってしまいました。それからは休み休み〜。

今年は郡上おどりでまた一段と変われる年になったと思います。参加日数はめちゃんこ少なかったのに!今回の変化が今までで一番デカかったのではないかな。・・・多分!!(ぉ)

やっててよかった郡上おどり!!!
ありがとう!!おめでとう!!!


ところで。
今回かなり絵をふんだんに入れた(つもり〜)です。自分でも描いてる途中で思ったんだけどコレもういろいろ大爆発しちゃってるんじゃねえのってなぜか思った。今も実は興奮が冷めやらぬ状態でこの数枚の絵を見ていると今までの「家族や大人と自分に対するクソッタレ感が超爆発」している感じがします。クソッタレ感をキャンバスにぶっ叩きまくりました。
本当は全文章漫画にしようと思ったけど、ちょっとめんどくさかったんで(ぉぉぉ)やめました。

それでは、またお会いしましょう。

テーマ : ありのままの自分になるために。
ジャンル : 心と身体

いつも閲覧&拍手ありがとうございます^^*

みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

管理ページでブログ拍手の合計を見たら、「おっ」と思ってしまいました。
何かって言うと

合計数が573になってたからです!!!

573・・・つまりコナミっていうゲーム会社を数字で表すと573なんでつい・・・(笑い)つい元ゲーマーの血が騒いで記事として書いちゃいました。

さて。

いつもご覧いただき、拍手もくださっているみなさん、ありがとうございます。^^*
わたしは最近、こう思うことができました。
「見てくれていることだけでいいこと」
今まで絵でもなんでも、「評価してくれなければいやだ。リアクションほしい」と思っていたので。「見てくれているだけで嬉しい」と言っている人のことが全然理解できませんでした。
しかしそうではなかったのだなと。今まではガキの考え方だったのかもしれませんね。
それに、リアクションと言っても良いと悪いとがあるので、もし悪いリアクションが返ってきたらどうするんだよと。それじゃ今までと同じじゃねぇかよと。
悪いコメントがこないだけ自分は救われてる。だから閲覧してくれただけでもいいことなんだなって今は思いますよ。
とはいえ、ふとした拍子についガキの頃に逆戻りして「評価ねえよ!こねえよギャー!!!」となることはありますが。


以前の日記で書いたかもしれませんが〜
今までわたしは自分の絵を良く評価されたことがあまりなくて学生だった頃は笑われたりネタにされたり、とにかく酷評されてばかりいたんです。親すらも良い目で見ていませんでしたからね。チクショウと思っていました。そんなわたしを、夫が助けてくれたわけです。
ですから良い評価に飢えているという感じがあります。しかし実際に良い評価をされてもあまり実感がないという・・・。いや、そうされてもどう自分がリアクションして良いのかわからないのかもしれませんね。

良い評価に慣れてないと
漫画にしてみた。今回CGで初めての漫画。やっぱ難しい。

酷評されてチクショウと思うことには慣れているけど、良い評価に飢えているのに、慣れていないからどう反応したらいいか分からないなんて、一体どういう馬鹿みたいな皮肉なんだよ?慣れっちゅうのはおそろしいなオイ。
・・・変えていきたいんだよな・・・酷評も良い評価にも慣れるように。酷評されてもチクショウと思わないようになれば良いと思っている。良い評価には有頂天にならないようになろうと。

とまあ、脱線しちゃったけど。
改めて閲覧くださりありがとうございます^^*これからもマイペースでいきます。宜しくお願い致します。

拍手のことだけ書こうと思ったら、いっぱい書いたな(笑い)

それでは、またお会いしましょう。

テーマ : こんなことがありました
ジャンル : ブログ

お絵描き工房プラス。

みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

素敵なゲームソフトとの出会いがありました。

ニンテンドー3DSのe-Shopで、
お絵描き工房プラス
というソフトの体験版が配信されていたので使ってみました。

ニコリーナエルフ

お花を眺めてにっこりニコリーナエルフ。

体験版では絵の保存ができなかったので、デジカメでパシャっと撮影して保存というね。

いやいや、このソフトすげぇね!!
ブラシサイズ、色もいじれたり、ぼかしもできるしさらにレイヤーが5つ使えたり・・・めっちゃ本格的!!!
移動の合間にちまちま描けるから暇つぶしにちょうどいいじゃんッ!!!!
ほっすぃ〜!!!金に余裕ができたら買おーっと!!


















ちょっと気になって調べてみたら、このソフトを作ってる会社ってさらに新機能のあるソフトを作ってるみたいですね。
コミック工房2」というらしい!!し、しかし1000円かあ〜うおお〜ちょっと持ち合わせがあ〜〜〜

だ・・・
大丈夫だ問題ない!なんとか・・・なる!!!

それに、PCでも描けるし本当に余裕のあるときでいいか。
欲しい!!って思うものがあるとすぐにでも欲しくなっちゃうんだよな〜まだガキだな〜ヘヘヘ。

それでは、またお会いしましょう。

テーマ : イラスト
ジャンル : ブログ

徹夜おどりに行ってきました。

みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

今月16日、岐阜県郡上市八幡町で盆踊りである「郡上おどり」の「徹夜おどり」が開催されたので夫に連れられて行ってきました。

大きい輪踊り
タイトル「輪踊り」


「徹夜おどり」とは、13日〜16日のお盆の期間で開催され、午後8時〜翌日の午前4時5時まで踊りまくる行事でして、「郡上おどり」の中でも一番ヒートアップする期間でもあります。
この郡上おどりは、毎年31夜〜32夜開催されます。今年は7/8〜9/2までですね。その間踊りがない日ももちろんあります。結構スケールのでかい盆踊りです。また、おどりの曲は9曲もあります。

まあ・・・はっきり言って徹夜おどりなんて長時間ぶっ通しで踊り続けられる人なんておそらくいませんので・・・(ぉ)すぐ近くの空き地や道などで椅子を持ってきてしばしば休憩するのは絶対に必要です。
それに夜でも熱中症で倒れる人もいるらしいですからね@@;
なので、わたしたちも準備はしっかりして名古屋から参加しましたよ。

山と川と月
タイトル「郡上八幡の山・川・月」


・・・なんで郡上おどりを知っているのかというと。

前回の日記で駆け落ちの話につながります。
夫は名古屋生まれ名古屋育ちで、今もわたしと名古屋に住んでいますが、数年前に夫のお兄さんが郡上おどりにハマったのをきっかけに彼もハマったようです。それからおどりの期間になると郡上へ出かけて行ったりしたのですが、わたしの駆け落ち当日も郡上行きの予定でして。
ですがその前の日、「明日駆け落ち決行するが、家族にバレると怖いので電話してこないでくれ」と、計画決行において家族にバレることの強烈な恐怖感から、そう彼に連絡していたし、わたしも名古屋に到着した時「もう着いたのがわかっているはず」と、到着時間を知らせていないのになぜか思い込み・・・数時間ほど名古屋駅構内でボサッと待ってたため、その頃郡上に行く予定のお兄さんと夫は「遅いな・・・やっぱり駆け落ち失敗して親に連れ戻されたのかな・・・」と思って車で出発したあとだったというね@@;
そして、「あれ?・・・連絡こないな・・・」と同時刻に気づいたわたしは、「そういえば到着時刻を知らせてないし、わたしの電話の履歴が家族に知れることってないじゃないか!?!」と・・・。
慌てて電話連絡したらなかなかつながらなくてやっとつながったと思ったら「もう郡上へ出発したんだよ〜;;。悪いけど名古屋駅から郡上八幡へ高速バスが出てるからそこまで来て!!><」
そこから半泣きになりながら高速バスの予約をしたけど、便が・・・ななななんとーーーぉ!最終便しか残っておらず。しかも出発時刻が1〜2時間くらいあとで@@;気がついたらもう夕方近くになってたので地下街の「エスカ」で食事して(ちなみにオムライスでした。)・・・そこからですかね、家族の恐怖の着信が怒涛のごとく電話に押し寄せてきたのは。
バスに乗る前から夫に会うまでめっちゃ怖かったのを思い出します。

まあそんなわけで。
二人の再会は郡上八幡だったんです。
再会した時はもう夜も更けて真っ暗だったので景色がぜんっぜんわかりませんでしたが、夜が明けて町を散策すると

あれ・・・?

明らかに、町の景色がわたしが今まで見た日本の町の景色と違うのです。
他の町で見るありふれた建物も多くあると思います。ですがこの郡上八幡はどこか・・・時代劇でみる昔の日本の町並みとよく似ているのです。
この現代の日本にこんな古い町並みがあるのか!まるで別の世界に来たようだ!!
と・・・大げさに見えるかもしれませんがそう思いました。
だけど、それでいてどことなく洗練されていて、ダサくない。
この郡上八幡には、大勢の日本人や海外の観光客がやってきます。だからなのかもしれません。

宗祇水
タイトル「郡上八幡のおいしい水・宗祇水」

そんなことを考えつつ。
夫は「せっかく来たんだから、踊ってみればいいよ!」と言うのですがわたしは乗り気ではありませんでした。「盆踊りなんて別の世界だわ。わたしには関係ないわ」と。だけど夫のペースに乗せられてしまい(ぉ)、浴衣も下駄も買ってくれまして。わたしはそれでもやっぱり・・・。「じゃあ踊りを教えてくれる場所があるから行ってみよう!」と半ば引きずられていきました(ぉ)
郡上おどりは、「郡上おどり保存会」の人々が直接踊りを教えてくれます。わたしと夫も何度かそこで教えてもらいました。
おどり会場で初めて踊った時は夫にいろいろしごかれましたが(ぉ)、そのおかげ・・・??か、かなり上手になりました。保存会の先生も「旦那さんよりうまいわね!!」と評価してくださり、嬉しかったですね。
正直、体を動かすことについては嫌いで自信ありませんでしたし、大っ嫌いな体育祭でのマスゲームすらどうやって動いたらいいかすら分からないし、クラスの人間に「さくらちゃん、動き変だよぉ〜!!」なんて言われて笑われて恥ずかしかったのにおどりなんて絶対無理よ!!!・・・と思っていたのですが・・・。この郡上おどりはわたしに合っているようです。

関係ないし、別の世界よ。と・・・思っていた人間が、その新しい世界に触れ新鮮な感覚を味わうと言うのは、その人が気づいていない魅力を引き出すということなのかもしれません。

提灯


・・・そんなわけで、今に至ります。


その日16日の徹夜おどりの一部が動画にUPされていたので貼っておきますね!!残念ながら、わたしと夫は写ってない・・・気がする。



3重くらいの輪になって踊ります。でも道が結構狭くて横に長いので、横に長い輪になります。人が多すぎるとまともに踊れない時も・・・。
みなさんこの時とばかりに派手な浴衣やコスプレなどしてストレス解消に踊ってます。
中には洋服で参加している方もいらっしゃいますが、ここの盆踊りはどんな服装でもいいし、どんな踊り方でもいいんです。形式にはとらわれないし、こうでなければダメだ!!!という決まりもありません。自由で平等、寛容な盆踊りなのです。
ですがこだわるならば、浴衣、下駄、そして郡上おどりの手ぬぐいという三種の神器が必要となるでしょう。
洋服でも、足元はちゃっかり下駄なんて人もいます。
あと、若い人・・・特に男性が多いですね。外国の方もよく踊っていますし、ダウン症の車椅子の方もやぐらの前で踊ってます。

実は。わたしたちもひょんなことからお知り合いになった目の見えない方(男性)が「ぜひ参加したい!」とおっしゃられたので一緒に行きました。みんなが進む方向はちゃんと決まっているので、わたしと夫とでその方を挟んでおどりを教えながら一緒におどりましたよ!
ここでは目くじらを立てる人は誰もいません。それが郡上のいいところだと思います。
もっといいなと思ったのは、休憩している彼に寄り添ってずっと話をしてくれていた方がいたそうなんです。誰かの手や足がぶつかっても、誰も文句を言わない。怒らない・・・そんな雰囲気がいいなと、郡上おどりは楽しかったと、帰宅してから彼は言っていたそうです。

1:50で流れるのおどりの曲は「春駒」というのですが、この曲のおどりが一番人気があります。別名「郡上マンボ」とも呼ばれていますね。
最初は普通のテンポだけど、時間が経つにつれどんどん早くなっておどり方も早くなります。2:33くらいですね。
唄を歌っている人(やぐらに上がっている人々で、お囃子の人も含めて彼らは「郡上おどり保存会」の方々です)に合わせてお囃子の人が声をあげている?のが聞こえます。
また3:17あたりで浴衣の男性2人が輪の中央あたりにきてパフォーマンス(パフォーマンスしたい人は最前列か輪の中央近くにいきます。)をするなど、一番熱狂する曲です。
さっき、寛容な盆踊りって言ったけど、やっぱ個人個人から見て「それやめろよ」みたいなパフォーマンスをする人はいます。そういうものはわたしは嫌いです。この動画にも映ってます。
・・・いろんな人がいるけど。わたしはそこまで寛容じゃありません。

この日は午前4時に終わりましたが、まだ真っ暗でした。5時くらいになるともう日が出て夜中じゃなくて朝じゃねえーかと思うくらい明るいです。終わると保存会の人が「おはようございます!!!」とマイクで声をかけてくれます。その時に見知った人やそうでない人もハグしたり握手しあったりするのが、なんだか和の精神やなあ〜って思いますよ!!

わたしはちょくちょく休憩しましたが、今年は楽しく!!よく踊ることができました。去年なんて精神的にしんどすぎてずうっと寝てばかりだったもんね・・・(涙)なので、去年のリベンジができてよかったなあ〜と思います!!!
ちなみに、体を動かすと精神的にもいい影響がありますので、去年はしんどくてもおどりに参加できて良かったと思います。

竹の一本橋
タイトル「竹の一本橋」

夫は9/2の「おどり納め」にも参加しようと言っています。わたしも行きたいっすなあ。

それでは、またお会いしましょう。

テーマ : 日記
ジャンル : ブログ

ブログランキング
ブログランキングに登録しています。面白かったらぽちっとよろしくおねがいします!
プロフィール

愛宕さくら

Author:愛宕さくら
初めまして。芸術バカの愛宕さくらと申します。イラストと漫画を中心に活動しております。あと人生の話。
よろしくおねがいいたします。
イラスト・漫画の無断転載・転用はおやめください。

リンク
絵索
カテゴリ
アルバムです。
最新記事
訪問者数
月別アーカイブ
ランキングブログパーツ
よろしくお願いいたします!
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。